定期健診を大切に|メニエール病の原因を探れ|症状が現れる前に

メニエール病の原因を探れ|症状が現れる前に

看護師

定期健診を大切に

医療ベッド

手術で切除してしまうこと

肝臓がんは、50代の中高年世代に最も発症が多いがんであり多くは肝硬変を患った患者が肝臓がんに発展するというパターンになります。また、少ない確率で慢性的な肝炎を起こしている人が肝臓がんになることもあります。肝炎の原因は、B型肝炎またはC型肝炎であることが多いです。肝臓がんの治療で最も良いとされるものが、手術による切除です。肝臓は、再生する力が非常に強い臓器であるため元気な肝臓であればもともとの大きさの半分以上を切除してもまたもとの大きさまで再生することが可能です。そのため、手術を行いがんにおかされた部分を完全に体から切り離すことで完治させることが可能になると言えます。その為には、丈夫な肝臓であることが大事です。

症状がなく進行する

肝臓がんで気をつけたいのが、無症状の場合が多いということです。自分で感じられる症状が特になくても、がんは進行してどんどん広がっていきます。主な症状には疲れや体のだるさ、腹痛、食欲不振、発熱などがあります。発症しやすい年代が働き盛りの人が多い年代であることから仕事が忙しく食生活がおろそかになったり、健康管理が出来ていないことから症状があっても気づきにくいことも多いので注意が必要です。気付いた時には、既にかなり進行してしまっていることがあるので定期検診は欠かさず体に何も異常がなくても定期的に健康チェックを行うようにすると良いでしょう。もともと肝炎がある人の場合は特に、肝臓の専門医の治療を受けると良いです。